ロケ地紹介
◆ふたり
・渡船(向島側)

実加は右側、ストーカーは左側の歩道を歩きます。

実加が渡船を降りてピアノ教室に向かうシーンで登場するのがこの場所で、福本渡船の向島側の乗り場が実際の場所です。大林監督の作品ではこの福本渡船が頻繁に登場します。4航路ある渡船の中で船の大きさが一番大きく、料金は大人60円と一番安くなってます。このシーンの後、実加が坂道を登るシーンになりますが、ここからはかなり離れた津部田がロケ地となっており、大林マジックがここでも駆使されています。