ロケ地紹介
◆ふたり
・電柱のある道

斜面と電柱の間を実加は通ります。

この場所は、本編序盤の雄一と実加が市街地へ向かう際、実加が電柱と壁の間を通り、コンクリートの台の上から飛び降りるシーンや、中盤、卒業式を終えた実加が智也に見送られるシーンで登場する所です。確かに何となく通りたくなるようないい具合の幅になっています。ここも尾道駅裏側の斜面中腹辺りになります。