10/9〜10 首都圏〜藤沢探訪

10日 AM9:55 多摩市桜ヶ丘

続いていろは坂の入口付近にある、「Fate/stay night」の通学路のロケーションを撮影。正確な位置を得ようと ヴォルド氏に見張りを頼んで車道から撮影を敢行。左にある住宅も前回来た時にはなく、ここでも時間の経過を 実感させられる始末。それに、坂から見下ろす駅前の街並みの変貌には思わず閉口。王冠ロゴと「Keio」という 文字が目印の京王百貨店の看板が見辛く…。しかし「耳をすませば」で図書館があるという設定の、坂のカーブ付近 と松並木を通る階段は以前のままでした。 ドラマに使われていそうな景色が多数…

10日 AM10:20 引き続き多摩市桜ヶ丘

「地球屋」はありません 坂の頂上を過ぎた辺りからはロケ地が目白押し。「耳をすませば」の序盤に登場する、雫が地球屋を初めて訪問した後に 走ってくる道、天守の丘、地球屋前のロータリー、ムーンを追いながら通る坂道…。そして「月は東に日は西に」の蓮美坂、 「Fate/stay night」の交差点などなど。まだまだ隅々まで探せば「ここも?」という場所があるやも知れません。もっと 時間を割きたい所ですが次回に持ち越し。ちなみに徒歩での往復はいい運動でした。

10日 AM11:10 京王本線 聖蹟桜ヶ丘駅

駅に戻り2人で「予定よりばっちり30分遅れやな」と乗継ぎの悪さを再認識。ここで「ホワイトブレス」のロケ地、鎌倉・藤沢へ 移動するのに八王子経由で横浜線〜横須賀線にするか、再び分倍河原に戻り登戸経由で小田急線にするかしばし思案。時刻表を 見ると八王子行きの特急が出た直後と分かり、仕方なく分倍河原へ戻るルートを選択。結果的にはこの選択が以後の行動に大きな 影響を与える事になろうとは…。 聖蹟桜ヶ丘駅の駅名板

10日 PM0:40 小田急江ノ島線 藤沢駅

相模大野から乗った急行 2度あることは何度もあることで、分倍河原での乗換えでは目の前で南武線の電車が出て行き、登戸ではふと小田急線の方に目を遣ると 「湘南急行・藤沢」と表示された電車が停車中。改装工事中の狭い階段をすぐに移動出来るはずもなくまたしても乗り継ぎ失敗。ホーム では「台風の影響で徐行区間があるためダイヤが乱れています」との放送が…。とりあえず「先に進もう」と厚木行普通に乗車。 新百合ヶ丘で急行、相模大野で始発の急行になんとかスムーズに乗り継ぎようやく藤沢、と思ったら直前でホーム開通待ちで10分弱も缶詰めに。 とことんついてないねぇ…。