ロケ地紹介
◆秒速5センチメートル 【桜花抄】
・扉に添えた掌

右側の扉に貴樹が掌を当てています。

本編終了直前、貴樹が扉の前に立つシーンのあとの右手を扉に添える場面。貴樹は右側扉のガラスに掌を当てます。前のカットに続き、115系先頭車、運転台直後の進行方向右手の扉が用いられています。右扉にある「上越線 信越線 吾妻線 両毛線では一部列車を除き 11月15日〜3月31日 ドアは手で開けて乗り降り下さい」の案内プレートがそのまま描かれています。